Latest Posts

スムーズな解決!

交通事故にあった場合には慌ててしまって通常の判断を行うことができないというのが通常ですが、それでも間違った解決をしてしまうと後で後悔するだけでは済まないこともありますから注意が必要です。

交通事故の際にその場で示談の話しをして解決してしまうということがありますが、これはとても危険なことになります。その時にはなんともないような場合でも後で体に症状が現れることもありますから先に示談にしてしまっていると治療費などの請求を行うことができなくなってしまいます。示談にしたいという申し込みなどがあってもその場で解決の話しを行うのではなくきちんと警察に連絡を入れて対応してもらうことが必要です。

 

さらには、必ず病院に行くということも大事なことです。事故後には必ず病院に行き検査を行ってもらうことで後で症状が出ても対応することができます。数日たって症状が出て病院にいったような場合には、交通事故が原因ではないということを言われてしまうこともありますから何ともないと思っても病院に行っておく必要があります。

こういったことはその場では混乱してしまい判断がうまくできないということもありますが、示談などの話しも当然混乱している中ではきちんと判断することができるはずがありませんから絶対にやめておくことが必要です。

 

弁護士に依頼する

 

交通事故で弁護士を依頼することも多くなっていますが、どの時点で依頼するのが妥当なのかよくわからないということもあります。弁護士に依頼するのであればできるだけ早い段階で依頼するようにする方が流れなどもわかり動きやすくなります。

 

示談の話しは被害者と相手の保険会社とで行われることになりますが、交渉といっても一体何が妥当なものであるのかわからないということが多いでしょうから最初から弁護士をお願いしておけばそういった心配がなく安心です。

さらには、慰謝料などでも相手の保険会社はできるだけ減額したいというのが本音ですから過失割合を決める時点から加害者の有利になるような交渉となってしまいますが、そこに弁護士が入ることで裁判での基準となってくる過失割合での交渉を行うことができますし、慰謝料などに関しても裁判で判断するのと同じ基準での交渉を行ってもらうことができます。

 

中には、通院中ということであっても示談交渉を始めたいという話を行ってきたりするケースもありますから少しでも早い時点から弁護士をお願いして安易に判断するのではなく流れを聞きながらわからない点などはすぐに相談することができるようにしておくことも大事です。

 

交通事故解決の流れ

交通事故が解決に至るまでには一つの流れがあります。この流れを知っておくと万が一の時にはどのようにして解決にまで至るのかがわかるので余計な心配をする必要なく済みます。交通事故にあったら、まずは警察に連絡を行い事故処理を行ってもらいます。怪我などがあれば、入院ということにもなりますが、そういった場合には、治療が済むまで慰謝料などは決まってきません。治療がすべて終了し、後遺症などが後遺症の等級が分かってから保険の出番となります。

 

治療が終わったらここで裁判や示談といった話となってきます。必ずしも交通事故の解決のすべてが裁判になるということはありません。多くの場合では示談という形になります。示談では解決することができなかったような場合には裁判での解決も必要となります。また、紛争処理センターに訴訟することで解決することも多くなっています。

いずれの方法になるのかは被害者と加害者の話合いで決まってくることになります。お互いの要求が納得できないものであった時にはまずは粉砕処理センターを検討することになりますが、できるだけスムーズに話を解決の方向に向かわせるためには早い段階から弁護士をお願いするということも必要です。

 

弁護士をお願いすることで話をスムーズに解決に向けて進めることができるというだけでなく加害者にとっても被害者にとっても一方的に不利になってしまうということなく話を進めることができます。保険会社に任せておけばということではなく対応することが後悔しない解決には必要となります。